B-ZONEは、直接、紫外線を照射するのではなく、殺菌灯・ファンを内蔵した装置にて室内の空気を循環させながら殺菌するUVC殺菌灯です。常に連続運転してクリーンな室内環境を維持することができ、さまざまな施設で清潔・快適環境を提供します。

対象はさまざま、病院・クリニック・透析施設、待合室・ロビー、老人ホーム、学校・幼稚園・保育園、食品工場・各種研究施設、厨房など、幅広い分野で紫外線殺菌灯によるIAQ (室内空気質)の向上を図ります。

UVC殺菌灯とは?

■UVCとは
UV とは、UltraVioletの略称で紫外線を指し、UVA ・ UVB ・ UVCの3種類があります。UVAは、透過し易く地上に届く紫外線、UVBは、オゾン層で一部吸収され地上に届く紫外線ですが、UVCは、太陽光の波長の中で最も危険な波長(254 nm )で、地球を覆うオゾン層に遮られる為、通常地表へは届きません。また、UVCは細胞のDNAを破壊する力が強いので、細菌やウィルスを死滅させる、強い殺菌力を持っています。

UVC殺菌灯はこの中でも生物因子(植物系含む)の微生物を遺伝子レベルで死滅・不活性化し、真菌のカビや細菌の固まりのバイオフィルムを破壊します。UVCは一度当たれば花粉やダニ・虫なども破壊します。

 

B-ZONEが空間殺菌・除菌に効果的な理由
紫外線による微生物への殺菌作用は、紫外線が生体中の核酸(DNA・RNA)に吸収され、化学変化を起こし、損傷を与えて修復機能を失うことにあります。(図1)に示した核酸とタンパク質の紫外線吸収曲線と(図2)に示した殺菌効果曲線を対比してみると核酸の吸収は260nm付近に最大値を示し、殺菌効果曲線とよく似た曲線を描き、さらに(図3)に示した大腸菌の致死作用スペクトルの例からも、核酸(DNA・RNA)の吸収スペクトルと良く⼀致することがわかります。その波長の帯域を核酸の「光吸収スペクトル」といいます。
B-ZONEは低圧水銀ランプ(Low Pressure UV Lamp)と呼ばれる殺菌灯を使用しており、波長特性が260nm波長付近にピークを持つ波形を示しています(ピーク:253.7nm)。オゾン層に吸収されて通常は地上に照射されないこの波長を人為的に発生させています。
遮蔽されたB-ZONEに取り込まれた空気に含まれるウイルス細菌類に向けてUVCが照射することで、きれいな空気が供給されます。

 

菌・ウイルスへのUVC照射実験
データは実際にカビで困っている室内(17㎥)を利用して、菌検査の専門機関にて現地調査した実証データです。左表の設置前の値は真菌(カビ)が高い数値ですが、B-ZONEを設置後、 24時間、 48時間後で検査を実施したところ、数値が大きく下がっていることがわかると思われます。
装置に使用しているUVC殺菌灯は空調用としてアメリカで開発され、高出力紫外線殺菌灯としては国内で類を見ないランプです。
高出力UVC【B-ZONE】の優位性

一例ですが、99.9%破壊に必要な紫外線量は、黒色胞子(黒カビ)は 396,000μW/㎠ ・ インフルエンザウイルスは3,400μW/㎠です。弊社の最大 UVC 照射強度は他社メーカーの 5~6 倍の 3,557μW/㎠の紫外線量で、黒カビは111秒、インフルエンザウイルスは1秒で死滅する程、 高出力です。

内部に使用されている米国Steril Aire社製、空調機用殺菌灯と、国産汎用殺菌灯の紫外線強度(照度)の比較してもその差は一目瞭然です。
また同社製殺菌灯は、下記表の特性に加えて、使用温度範囲が広範囲に渡るなど、一般に殺菌灯に厳しいとされる空調機内の環境条件でも、性能を発揮するように設計されています。

●浮遊菌除去
浮遊細菌を25㎥の無菌室で噴霧、除去経過を測定。検体「黄色ブドウ球菌」を、約1時間で98.9%除去
●浮遊カビ菌除去
浮遊カビ菌を25㎥の無菌室で噴霧、除去経過を測定。検体「青カビ」を、約6時間で 99.87%除去
●浮遊ウイルス除去
浮遊ウイルスを25㎥の無菌室で噴霧、除去経過を測定。検体「大腸菌ファージ」 を、約3時間で98.7%除去

よくあるご質問
Q1:「UVC」とは何ですか?
A1:紫外線は、大きく分類すると「 UVA 」「 UVB 」「 UVC 」の 3 種類があります。その中で「 UVC 」は 200~280nm の短波長紫外線で、オゾン層によって吸収され、通常は地表には到達しませんが、生物に対する破壊力は最も強い紫外線です。

Q2:「UVC」は微生物にどんな働きをするのですか?
A2:「UVC」は微生物のDNA、RNA細胞を破壊し、不活性化させます。薬品のように耐性菌は生まれません。

Q3:ステリル・エアー社の高出力紫外線ランプにはどのような効果がありますか
A3:高出力殺菌により、ウイルスやバクテリア、カビなどを死滅させ、 IAQ(室内空気質)を向上させることが可能です。また、大型空調機内のバイオフィルムの形成を防ぐ為、大掛かりなコイル洗浄やドレンパン洗浄などメンテナンスコストが削減されるばかりか、熱交換効率が上がり省エネ効果もあります。

Q4:大型空調のダクト内のカビも消滅できますか
A4:UVCを設置する事によって空気や空調機内だけではなく、空調システム全体のカビを排除することが可能です。

Q5:感染症対策に有効ですか
A5:感染症には飛沫感染、飛沫核感染(空気感染)、接触感染、介達感染、経口感染、昆虫媒介感染、血液感染、母子感染があります。紫外線殺菌灯(UVC)により空気殺菌を行うので、空気感染対策に最も有効です。

Q6:「 UVC 」による害はありますか?
A6:人体が紫外線殺菌灯(UVC)を直接浴び続けると害になります。 B-ZONE はこうしたリスクを排除し、安全に24時間お使いいただける設計になっています。

Q7:抗菌フィルターだけで、微生物を十分取除けるのではありませんか?
A7:抗菌フィルターが微生物を取り除けることは確かですが、 0.02ミクロン以下の微生物に対しては取り除けません。 UVC照射は通過するすべての微生物を死滅させます。

Q8:どの位の温度、湿度、風量下まで使用可能ですか
A8:適用条件は、温度0度~76度、湿度99%、風量1,000fpmまで使用可能です。

Q9:四角い筒内部の空気通過速度あるいは滞留時間はどの程度なのですか?
A9:1立米/分の流量で設計しています。できるだけ、ゆっくり通すことで、より確実に殺菌することを実現しています。

Q10:ランプの寿命はどの程度ですか?
A10:9000時間となります。一年に一度ランプ交換を実施することにより、安定的な殺菌効果が持続します。

Q11:10m×10m×H2.5m程度の空間に必要な設置台数は?
A11:スペースの形状にもよりますが、基本的には1台で大丈夫です。
B-ZONE仕様
本体仕様 鋼板製塗装仕上げ
本体寸法 W 159 × L 985 × H 171.2 (mm)
本体重量 7.6Kg (運転重量)
使用電源 単相100V 50/60Hz 又は 単相200V 50/60Hz
消費電力 92W (ランプ及びファン)
使用環境 周囲温度:0~+60℃
周囲湿度:85%以下(非結露)
資料ダウンロード
B-ZONEカタログ ダウンロード
B-ZONEご説明資料 ダウンロード



B-ZONEに関するお問合せはこちら
ご用件
お名前※必須
電話番号(半角)
Mail(半角)※必須
お問い合わせ内容
 
お問合せ